""

NTTドコモ、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを3月9日より開始へ

一般・芸能

NTTドコモ、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを3月9日より開始へ

受信時最大600Mbps超の通信サービスが全国で利用可能に

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2つの新技術「256QAM」と「4×4MIMO」を導入し、国内最速※1となる受信時最大682Mbps※2の通信サービスを2017年3月9日(木曜)から提供開始いたします。

受信時最大682Mbpsの通信サービスをご利用いただけるエリアは、サービス開始当初は、東京23区や名古屋市、大阪市など、東名阪エリアの35都市となります。東名阪以外のエリアについても、受信時最大632Mbpsの通信サービスを同日から40都市で提供開始いたします。
これにより、対応端末をご利用のお客さまは、全都道府県75都市で受信時最大600Mbps超の通信サービスをご利用いただくことができます。
さらに、サービス開始後も順次エリアを拡大し、2017年3月末には約130都市にて600Mbps超の通信サービスを提供する予定です。

5分の4K動画の場合、受信時最大682Mbpsの通信サービスでは、LTEの受信時最大150Mbpsサービスに比べ、約5分の1となる25秒でダウンロード※3でき、お客さまは動画等の大容量のコンテンツも、これまでより快適にお楽しみいただくことができます。

なお、サービス開始時の対応機種は、2017年3月9日(木曜)に発売するモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」となります。

また、既に発売しているドコモ スマートフォン「XperiaTM XZ SO-01J」「V20 PRO L-01J」の2機種については、「256QAM」の技術の活用により、2017年3月9日(木曜)から最大通信速度がこれまでの受信時375Mbpsから受信時500Mbpsに向上いたします。

ドコモは、今後も通信技術及びサービスの高度化に取り組み、お客様により快適で利便性の高い通信サービスの提供を実現いたします。

2017年3月6日現在、日本国内における携帯電話事業者において。自社調べ。
通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。送信は対象外です。
技術規格上の最大値を用いて計算したものです。実際のダウンロード時間は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

出典 http://www.nttdocomo.co.jp

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法