""

「韓国映画は絶対放映しない」…中国

経済

「韓国映画は絶対放映しない」…中国

中国当局が、在韓米軍の高高度ミサイル防衛システム(THAAD・サード)の配置に対する報復の一環として、北京国際映画祭で韓国映画の上映を停止したことが確認された。

韓国への団体観光禁止と韓流芸能人出演と韓国ドラマの放映禁止に続いて、今回の映画祭で韓国映画の上映禁止にしたのを見ると、中国当局が韓中民間交流を事実上中断しようという意図を持っているという分析も出ている。

28日、関連業界によると、来月16日から23日まで北京で開催される「第7回北京国際映画祭」に、いくつかの韓国映画が招待を受けたが上映されない見通しだ。

映画祭の関係者は、「北京映画祭側は韓国側を招待したが、当局の指示で中断になった」とし「このため今回の映画祭で韓国映画の上映はないだろう」と述べた。

昨年の北京映画祭には、イ・ミンホ、キム・ウビンなどの韓流スターらが大挙参加して、韓国が映画祭の雰囲気を導いていたのとは全く変わった姿である。

業界関係者は、「昨年の北京映画祭では、いくつかの韓国映画が上映されて、審査対象にもなった」とし「しかし今年の映画祭の場合、最近発表された1次スクリーニング名簿に韓国はなかった」と話した。

出典 http://livedoor.blogimg.jp

中国のサード報復による限韓令(韓流禁止または制限令)は映画の分野で激しい。

俳優ハ・ジョンウは、中国映画「仮面」出演オファーを受けて、中国の女優チャン・ツィイーと一緒に撮る予定だったが、最近失敗した。

中国は「釜山行き」など韓国映画数本の著作権を買い入れたが、昨年中国で公開された韓国映画は一つもなく、毎年3〜4本が中国で公開されていたのとは対照的だった。
一部の韓中合作映画の計画も失敗に終わった。

ある関係者は、「中国にはスクリーンクォータ制があり、外国映画が中国で上映されるのが容易ではない状況だが、釜山行きなどいくつかのヒット作が輸入されたにもかかわらず開封されないのは、限韓令コマンドが作用したと見ている」と述べた。

中国のTVや新聞でも、韓国芸能人関連情報と韓国映画作品紹介がほとんど消えた状況だ。

韓国政府も対策作りに苦心している。

産業通商資源部が、中国商務省と今年初めに北京で韓中自由貿易協定(FTA)の共同委員会の会議を進行しつつ、産業界と文化芸術界の「サード報復」への懸念を伝えたことがある。

しかし中国側は「サード報復など存在しない」として差別的な措置ではないという立場を示し、平行線を走っている。

1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ